住民「信じられない」宮古島の殺人事件、重要参考人と凶器見つからず…地域不安 2021-04-04


図 この記事のタイプ傾向 (「心配」「好き」「大好き」「にこにこ」「不安」「殺人」)

(https://news.goo.ne.jp/article/ryukyu/region/ryukyu-20210404102054.htmlより引用)
 【宮古島】3日、宮古島市平良下里の民家で発生した殺人事件は重要参考人の息子と凶器が見つからず、現場付近は多くの警察車両や捜査員が行き交う物々しい雰囲気が続いた。
宮古島署は防災無線を使って住民に外出を控えるよう呼び掛け、住民は自宅の戸を閉めて、不安そうな様子で窓越しに捜索を見つめていた。
 3日午前1時すぎ、サトウキビ畑に囲まれた静かな住宅街にけたたましいサイレンが鳴り響いた。
住民が見守る中、男性が救急車で運び出されていった。
現場の民家からは血痕のようなものが西に向かう道路上に点々と続いていた。
 現場から南に数十メートル離れた集落センターにも規制線が張られ、捜査員が駆け付け、警察犬も導入された。
 亡くなった男性と親交があったという男性は「信じられない。
2、3日前も洗車している男性とあいさつを交わしたばかり。
何があったのか」と言葉を詰まらせた。
 付近に住む70代女性は「孫が大好きで、にこにこして。
孫や息子さんたちと一緒に楽しそうに暮らしていたのに。
どうして」とつぶやいた。
 現場の民家は小学校、中学校にも近い。
小学生の娘を持つ女性は「週明けには学校も始まる。
このままだと心配だ」と話した。
(https://news.goo.ne.jp/article/ryukyu/region/ryukyu-20210404102054.htmlより引用)

関連記事