近藤春菜「スッキリ」卒業後は“婚活”? 実は厳格に育ったお嬢さん 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 (「謳歌」「恋愛」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/entertainment/nikkangendai-696386.htmlより引用)
 ハリセンボンの近藤春菜(37)がサブMCを務める「スッキリ」(日本テレビ系)を3月で卒業することを4日放送の番組内で発表した。
「経験させていただいたことをもとにチャレンジしていきたいな、いろんなことをさらに外に出て経験していきたいなと思い……」と自ら卒業を申し出たことを明かした。
スポニチによると今後については舞台を中心に仕事の幅を広げていくというが……。
「婚活にシフトするのではと、もっぱらです。
親友の吉高由里子が『スッキリ』に出演し、以前からMCがやりたいと言っていたことを明かし、うれし涙を浮かべていただけに“舞台に戻る”という理由には違和感があるし、今後、箕輪とのコンビでガッツリ活動するとも聞かない。
警察官のお父さんの元、厳格に育ったお嬢さんだけに、婚活のほうが腑に落ちる」(芸能リポーター)■女芸人の結婚&出産ラッシュが刺激に 近年、女芸人の結婚ラッシュが続いており、2019年には柳原可奈子(34)、イモトアヤコ(34)、メイプル超合金の安藤なつ(39)が、昨年は相席スタートの山崎ケイ(38)、ニッチェの近藤くみこ(38)が入籍。
バブリーで一世を風靡した平野ノラ(42)は妊娠中。
横澤夏子(30)は昨年2月に、ニッチェの江上敬子(36)は9月に第1子を出産し、すでにテレビに復帰。
さまざまな芸能ニュースを番組で扱ってきた近藤が刺激を受けたのは確かだろう。
よしもとNSCの講師で漫才作家の本多正識氏がこう言う。
「朝のレギュラーを持つと平日は遠出できず、行動にかなり制限がかかります。
レギュラーを外れることでできることが増えるのは確か。
女性芸人も今は“仕事と恋愛は別次元”“どちらも1番”という考え方に変わってきているので、婚活もひとつの選択肢になり得るでしょう。
今はよっぽどのアイドルでない限り、隠す必要もないし、かえって応援してもらえる。
近藤さんと接点はありませんが、人気も知名度もあるし、5年間テレビで腕を磨いた近藤さんなら、舞台はより面白くなっているはず。
いずれにしても今回の決断は追い風でしょう」 春から晴れて自由な時間を謳歌できそうだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/entertainment/nikkangendai-696386.htmlより引用)

関連記事