速報 知床半島沖の観光船沈没事故 9日も捜索始まる 無人潜水機も船体周辺を捜索 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「沈む」「事故」「発見」)

(https://news.goo.ne.jp/article/hbc/region/hbc-b625b25d23d4978fad67f63af9680fb3.htmlより引用)
知床半島沖の観光船沈没事故で、9日も早朝から無人潜水機などを使った捜索が始まっています。
 海上保安庁によりますと、午前6時すぎから捜索にあたっているのは、関係機関の船舶7隻で、このうち2隻は国後島周辺で活動しています。
このほか、航空機も引き続き捜索に加わります。
 また午前7時すぎから民間会社の無人潜水機が、深さおよそ120メートルの海底に沈む「KAZUⅠ」の内部や周辺で、行方不明者の捜索を行っています。
この捜索とともに、船体引き揚げに向けた調査も実施します。
 今回の沈没事故では、依然12人の乗客乗員の行方がわかっていませんが、9日午前8時現在、行方不明者の発見につながる新たな手がかりなどは見つかっていません。
(https://news.goo.ne.jp/article/hbc/region/hbc-b625b25d23d4978fad67f63af9680fb3.htmlより引用)

関連記事