【独自】高齢者住宅の「囲い込み」、厚労省が監視強化へ…「過剰」介護防ぐ 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 (「発見」「協力」)

(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210329-567-OYT1T50005.htmlより引用)
 厚生労働省は10月にも、見守り付き高齢者向け住宅の入居者に過剰な介護サービスを使わせて利益をあげる「囲い込み」と呼ばれる不適切な行為を見つけ出す仕組みを導入する。
介護の利用記録を解析して問題のあるケースを特定し、自治体の立ち入り調査や是正指導などにつなげる。
不必要な介護を減らし、介護保険制度の財政悪化を防ぐ。
 厚労省が監視を強化するのは、高齢者住まい法に基づき設置され、全国で約26万人の高齢者らが暮らす民間の賃貸住宅「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」。
安い家賃で集めた入居者を、サ高住に併設する自社のデイサービスに毎日通わせるなど、介護報酬で利益を過度に得る事業者の存在が指摘されている。
 こうした事業者は、入居者の受ける介護の計画作りを担うケアマネジャーの事業所も自社で設立。
要介護度に応じて決まる上限額までサービスを使わせる計画の作成を促すという。
 囲い込みは過剰な介護につながりやすく、高齢者住まい法の基本方針などで行わないよう求めている。
 厚労省は囲い込みの発見に向け、要介護者が利用した事業所やサービスの種類、回数などの情報を網羅した介護給付適正化システムを改修する。
「毎月の限度額の9割以上を使っている」などの条件で、問題のある介護計画を抽出し、囲い込みに協力するケアマネ事業所を特定できるようにする。
 ケアマネには、要介護者の立場に立って公正かつ誠実に業務を行う義務がある。
囲い込みは入居者の自己負担(原則1割)が増える要因にもなるため、自治体は問題のあるケアマネ事業所に対し、介護保険法に基づく監査や報酬の返還命令などを行う。
都道府県とも連携し、囲い込みが疑われるサ高住の運営事業者に対する立ち入り調査や、是正指導につなげる。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210329-567-OYT1T50005.htmlより引用)

関連記事