持続化給付金100万円を不正受給 詐欺容疑で女逮捕 2022-05-11


図 この記事のタイプ傾向 (「疑い」「容疑」)

2020年8月、個人事業者であると装って中小企業庁にうその持続化給付金の受給の申請をし、現金100万円を不正に受け取ったとして栃木県警察本部などは10日、東京都新宿区のエステ店従業員の女(22)を詐欺の疑いで逮捕しました。
 警察によりますと、複数人の知人に不正受給の手口を教えていたということで、調べに対し容疑を認めているということです。
(https://news.goo.ne.jp/article/tochigitv/nation/tochigitv-20220511102147102.htmlより引用)

関連記事