5歳未満の乳幼児を対象にしたコロナワクチンの臨床試験が始まる 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

 5歳未満の乳幼児を対象にした新型コロナワクチンの臨床試験が国内で初めて始まった。
【映像】高齢コロナ患者を医療スタッフが暴行 中国・上海 熊本県の製薬会社「KMバイオロジクス」は、生後6カ月から18歳未満の子ども600人を対象に新型コロナワクチンの臨床試験を開始したと発表した。
 大人の半量または全量を3回投与して有効性や安全性を確認するもので、5歳未満の乳幼児を対象にした臨床試験は国内で初めてです。
また40歳以下の大人向けワクチンについても、日本とフィリピンで1500人を対象に最終段階の臨床試験を始めたと明らかにした。
 今月から商用生産を始める見通しで、大人向け、子ども向けともに今年度中の供給をめざしている。
(https://news.goo.ne.jp/article/abematimes/nation/abematimes-10022947.htmlより引用)

関連記事