ウクライナ侵攻に「正しい戦争なんてあるもんか」 ガンダムから引用した寺の掲示がSNSで話題に 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/minaminippon/region/minaminippon-20220507202044.htmlより引用)
 鹿児島市東千石町の西本願寺鹿児島別院に1日から掲示されている法語が、ツイッターやインスタグラムなどの交流サイト(SNS)で話題になっている。
ロシアのウクライナ侵攻に対する思いを込めた「正しい戦争なんてあるもんか」。
アニメ機動戦士ガンダムシリーズの主人公のせりふから引用した。
 仏教の教えを説く「法語」は毎月1回更新され、僧侶らが挙げた複数の候補の中から選び、掲示板に載せている。
これまでも、アニメや漫画の名言を取り上げている。
 今回、法語が採用された教化部の大幡融史僧侶(28)は「ウクライナ情勢を巡り、武力行使は何があっても許されない、という思いを込めた。
思いが広く伝わり、うれしい」。
7日現在、ツイッターでは8万人超の「いいね」がつき、同院のインスタグラムの閲覧も2000回となっている。
 大幡僧侶は「これからも仏教の教えを伝えつつ、多くの方に共感していただける法語を考えていきたい。
ウクライナの人々に、一日も早く、平和な日常が戻るよう願っている」と語った。
(https://news.goo.ne.jp/article/minaminippon/region/minaminippon-20220507202044.htmlより引用)

関連記事