鳥栖ついに失点…開幕7戦連続無失点ならず初の敗戦 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 (「悔しさ」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/jsoccer/f-sc-tp1-210402-202104020001148.htmlより引用)
<明治安田生命J1:C大阪1−0鳥栖>◇第7節◇2日◇ヤンマー桜の花びらが舞う敵地のセレッソ大阪戦で、サガン鳥栖がJ1新記録の開幕7試合連続無失点達成を逃した。
今季初黒星を喫し、大記録更新も阻まれた。
前節の3月21日アビスパ福岡戦から先発3人を変更。
それでも、前半は持ち前の堅守で0−0と健闘した。
しかし、後半1分。
相手のロングボールからの守備のクリアがまずく、拾われたボールをゴール左に決められた。
開幕から540分死守したゴールをついにこじ開けられた。
GK朴は福岡戦後、「チームとしては勝った上で、無失点記録を伸ばしたかった。
失点してでも勝ちにいくべきだという気持ちだった」と言い、悔しさを糧に挑んでいた。
だが、攻撃も不発で96年の横浜フリューゲルスがマークした開幕6試合連続のJ1記録を更新できなかった。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/jsoccer/f-sc-tp1-210402-202104020001148.htmlより引用)

関連記事