【2021年版】野球日本代表侍ジャパン、東京オリンピック2020に招集したい選手は? 選出選手を予想【第1回】 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「熱い」「惜しい」「元気」「喜び」「期待」)

(https://news.goo.ne.jp/article/baseballchannel/sports/baseballchannel-90169.htmlより引用)
 年が明け、新型コロナウイルス感染症の影響で延期となった「東京五輪2020」が1年の時を経て、今年2021年に開催される予定だ。
「野球」は、五輪種目として2008年北京以来の復活。
日本代表「侍ジャパン」は、2019年11月に行われた世界野球プレミア12で第2回大会王者に輝くなど、金メダル獲得が期待される。
 今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。
1ヶ月無料お試し実施中!  年末年始にかけて新型コロナが再び猛威をふるっており、開催自体が危ぶまれている事実はある。
しかし、侍ジャパン公式サイトでは、指揮を執る稲葉篤紀監督が「今年は金メダルを獲得し、ファンの皆さまと喜びを分かち合いたい」と抱負を語った。
今の時点では“開催するもの”として前向きに考えていくしかない。
  弊サイトの編集部では、昨年の年明けに、プレミア12の優勝メンバーを軸に、選出される選手を予想した。
だが、コロナ禍のシーズンとなった2020年を経て新たに台頭した選手がいる一方、故障や不振により選出が有力視されていた選手の立場が揺らいでいることも事実だ。
そこで今年も、全6回にわけて、再び東京五輪に招集されるメンバーを考察する。
第1回では、プレミア12のメンバーを振り返りながら、全体像を改めて確認していきたい。
プレミア12のメンバー28人は? 稲葉監督が公式サイトのインタビュー内にて、「試すということはできないので、プレミア12の選手が土台にはなります。
侍ジャパンの経験が無い選手や、私のもとで戦ったことが無い選手は“メンバーに入った時にどうなっていくのだろう?”という想定をしながら選出していきます」と話すように、土台はやはりプレミア12で戦った選手たちだ。
  ここでまず、当時の優勝メンバーを振り返ってみよう。
 【投手】<先発>右)岸孝之(楽天)右)山口俊(巨人→現ブルージェイズ)左)今永昇太(DeNA) 右)高橋礼(ソフトバンク) <第2先発的役割>右)山岡泰輔(オリックス)左)大野雄大(中日)左)田口麗斗(巨人) <中継ぎ>右)大竹寛(巨人)左)中川皓太(巨人)左)嘉弥真新也(ソフトバンク) <セットアップ>右)甲斐野央(ソフトバンク)右)山本由伸(オリックス) <抑え>右)山﨑康晃(DeNA)  【野手】<捕手>右)會澤翼(広島)右)甲斐拓也(ソフトバンク)右)小林誠司(巨人) <内野手>右)山田哲人(ヤクルト) 一塁、二塁左)源田壮亮(西武) 遊撃右)浅村栄斗(楽天) 一塁、二塁右)菊池涼介(広島) 二塁右)外崎修汰(西武) 三塁、二塁、(右翼、左翼)右)坂本勇人(巨人) 遊撃右)松田宣浩(ソフトバンク) 三塁 <外野手>左)近藤健介(日本ハム) 左翼、右翼、(捕手)左)丸佳浩(巨人) 中堅左)周東佑京(ソフトバンク) 左翼、中堅、右翼、三塁左)吉田正尚(オリックス) 左翼右)鈴木誠也(広島) 右翼  プレミア12と大きく異なる点は「枠」の数だ。
プレミアは28人の選手が登録可能だったのに対して、オリンピックでは24人までとなる。
つまり、優勝メンバーの少なくとも4人は削る必要がある。
  さらに2020年はこれまで代表を支えてきた選手らがメジャーに挑戦。
秋山翔吾、筒香嘉智、山口俊がMLBに戦いの場を移し、招集できない可能性が高い。
オリンピックは、日の丸を背負って戦う重圧に加え、様々な国の投手や打者と対峙することになるため、国際大会での経験が非常に重要となる。
侍ジャパンを率いる稲葉篤紀監督も東京五輪を見据えて、これまでの国際試合のメンバーを選出してきているはずで、秋山、筒香らこれまで代表の屋台骨を支えてきた選手を欠くのは、大きな痛手だ。
  さらに、今年も有原航平がメジャー移籍を決め、2020年圧巻の成績を残した菅野智之、澤村拓一らが移籍を目指している。
セ・パのエース級が選択肢から外れそうなのは勿体ないところではある。
何を優先するか 枠の減少により、「なにを優先すべきか」をより明確にする必要がある。
プレミア12よりもさらにタイトなスケジュールとなる東京五輪では、投手の枚数をあまり削りたくないのが本音だろう。
そうなると、野手を最小限の人数で回す必要がある。
  ここで鍵となってくるのが、外崎修汰に代表される“ユーティリティ・プレーヤー”の存在だ。
外崎以外にも、捕手経験のある近藤健介は、捕手2人体制の場合、緊急時にマスクを被れるなど、流動的な起用を可能にしてくれる。
プレミア12では“神走塁”で脚光を浴びた周東佑京も、今年は日本一球団のレギュラーとして飛躍。
単なる代走要員にとどまらない、24人枠でも十分に戦っていける存在となった。
  また、チームの方針によって必要な選手は変わってくる。
プレミア12では「大砲不在」と言われながらも、4番・鈴木誠也が3本塁打を放ち大会MVPを獲得。
決勝戦では山田哲人が逆転3ランで試合を決めた。
一発がある選手はやはり魅力的に映る。
とっさの機転でセーフティスクイズを決めた源田壮亮のように“野球脳”が高い選手も捨てがたい。
そして侍の元気印・松田宣浩も、選出漏れするのは惜しい存在だ。
  言うまでもないが、短期決戦こそ高いチームワークが求められるため、ベンチ、選手間で連携のとりやすい選手や国際大会出場に前向きな選手、稲葉監督の言葉を借りれば「ジャパンに対して熱いメンバー」を選出したい。
また、ほとんどの日程が横浜スタジアムで行われるため“地の利”を生かせる選手にも注目だ。
  第2回からは、各部門の選出考察に移っていく。
(https://news.goo.ne.jp/article/baseballchannel/sports/baseballchannel-90169.htmlより引用)

関連記事