冬期閉鎖中の高級キャンプ場でパソコンなど盗難 46歳男を逮捕「金に困っていた」 北海道余市町 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「容疑者」「疑い」「容疑」)

(https://news.goo.ne.jp/article/hbc/region/hbc-ee304201a80494ea33fd1c025efe25fc.htmlより引用)
 北海道余市町のキャンプ場事務所からパソコンなどを盗んだ疑いで、46歳の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、余市町栄町の自営業、渡辺真志(わたなべ・まさし)容疑者です。
 渡辺容疑者は、今年1月3日から今月28日までの間に、余市町登町にあるキャンプ場、「ヴィンヤードグランピング」の事務所に侵入し、パソコンのモニターや工具類など11点、約30万円相当を盗んだ疑いがもたれています。
 警察によりますと、キャンプ場は冬の間は閉鎖されていて、社員が今月28日に事務所に来たところ、備品が盗まれていることに気づきました。
 その後、警察が出入りしている業者などを調べたところ、渡辺容疑者が浮上しました。
 警察の取り調べに対し渡辺容疑者は「間違いない」と容疑を認め、「金に困っていた」と話しているということです。
 警察は渡辺容疑者の余罪や、盗んだものを転売していたかどうかについても調べています。
(https://news.goo.ne.jp/article/hbc/region/hbc-ee304201a80494ea33fd1c025efe25fc.htmlより引用)

関連記事