睡眠剤混入の小林化工、一部の薬の出荷再開 調査終えた他社製造委託の11製品 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/fukui/nation/fukui-20210108113814316.htmlより引用)
 福井県あわら市の小林化工は1月7日、爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤成分が混入した問題で出荷停止にしていた全289製品のうち、他社に製造を委託していた11製品の出荷を再開すると発表した。
製造記録などの調査、確認を終えたとしている。
 対象は、小林化工が販売する高血圧症の治療薬「オルメサルタンOD錠」や、日医工(富山市)が販売する抗てんかん薬「バルプロ酸ナトリウム細粒」など。
11製品以外については「改めて案内する」としている。
同社は昨年12月14日から全製品の出荷を一時停止しており、製造記録などの調査を行っている。
(https://news.goo.ne.jp/article/fukui/nation/fukui-20210108113814316.htmlより引用)

関連記事