【独自】“JR東社員”ストーカー行為で起訴 舞台女優に一方的好意寄せ 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 (「好意」「疑い」)

一方的に好意を寄せていた舞台女優にストーカー行為をした罪で、JR東日本の社員が起訴されていたことがわかった。
JR東日本の社員・川村英士被告(47)は、20歳の舞台女優の自宅マンションのインターホンを複数回鳴らしたり、稽古場の周辺に行くなどしたストーカー規制法違反の罪で、4月末に起訴された。
川村被告は、女性の部屋の前で口をふさいだうえ、腰を触った疑いで警視庁に逮捕されていて、強制わいせつ未遂の罪でも起訴された。
捜査関係者によると、女性の舞台に通い、一方的に好意を寄せていたとみられていて、認否はわかっていない。
(https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-358010.htmlより引用)

関連記事