楽天則本に不倫・離婚報道…メジャーの夢より安定選んだ「年俸3億円7年契約」の真相なのか 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 (「安定」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/sports/nikkangendai-719149.htmlより引用)
「これでスッキリしましたよ」 メジャー球団のあるスカウトがこう言った。
 29日発売の「週刊ポスト」で不倫、離婚をスッパ抜かれた楽天の則本昂大(30)のことだ。
 同誌によれば、則本は「去年の5月ぐらい」に離婚。
原因はどうやら則本の不倫で、「知人の紹介で3、4年前ぐらい」に知り合った女性との間には子供もいるという。
 則本はかつて、メジャー挑戦が有力視されていた。
3年契約が終了する2019年オフのポスティングが濃厚とみられていて、メジャーの複数球団のスカウトも獲得に備えて調査していた。
 ところが、同年3月に楽天と年俸3億円の7年契約ともいわれる長期契約を結んだことが明らかに。
則本は長期契約を結んだ時期に右肘のクリーニング手術を受けているものの、「それだけが原因で夢だったメジャー挑戦を断念するとも思えない」と言うメジャースカウトが圧倒的だった。
 しかし今回、不倫と離婚が明らかになったことで、「要するに、夢より安定を選んだのでしょう」と前出のスカウトは言う。
 同誌でベテラン球団関係者は「則本は慰謝料を払って妻と別れることにした」と話している。
元妻との間には2人の子供がいるうえ、別の女性との間に生まれた子供に関しても則本は「自分の子供なので責任は取るつもりです」と言っている。
則本の右腕にかなりの負担がかかるのは確実。
「環境の異なる米国でイチかバチかの夢を追い掛けるより、勝手知ったるより長く安定して稼げる道を選択したのではないか。
そう考えればメジャーを断念したのも納得」とは前出のスカウトだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/sports/nikkangendai-719149.htmlより引用)

関連記事