米“ワクチン”で感染リスク90%減 「終止符打つ手段」 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」)

アメリカのCDC(疾病対策センター)は29日、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した人の感染リスクが、90%減少したとする調査結果を発表した。
CDCによると、調査は2020年12月から3カ月間、アメリカの6つの州で「ファイザー」と「モデルナ」のワクチンを接種した医療従事者や救急隊員など、あわせて3,950人を対象に行われた。
その結果、2回目のワクチン接種終了から2週間が経過した人は、感染リスクが90%減少した。
また、1回の接種でも、2週間後に80%の減少が確認された。
CDCは、今回の調査結果について、「ワクチン接種の効果が出ている証しだ」とし、「ワクチンは、壊滅的なパンデミック(世界的大流行)に終止符を打つ重要な手段だ」としている。
(https://news.goo.ne.jp/article/fnn/world/fnn-162280.htmlより引用)

関連記事