小島瑠璃子が交際順調宣言も ネット上で「そういう人なんだ」と批判の声 2021-04-03


図 この記事のタイプ傾向 (「笑顔」「厳しい」「後悔」「怖い」「幸せ」「大切」「大事」「笑い」「分からない」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dot/entertainment/dot-2021040200082.htmlより引用)
 タレント・小島瑠璃子(27)が3月31日放送のフジテレビ情報トークバラエティー番組「ホンマでっか!?TV 2時間SP」に出演。
人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏(45)との交際について語ったコメントが反響を呼んでいる。
 番組内で小島は今年になってダイエットを始めたことを明かすと、共演者の島崎和歌子が「幸せ太りなのー?いいなー」とツッコミ。
MCの明石家さんまが「なんなの、いつまでもキングダムなのー、あなた?」とイジった。
 小島は両手で口を押さえながらも笑顔を浮かべ、「あのー…えーと、幸せに」と交際が順調なことを認めて、「『ホンマでっか』だけです、こんなおしゃべりするの」と声を弾ませた。
 キングダムの大ファンだった小島は19年に原氏と対談するテレビ番組の企画で初共演して意気投合。
真剣交際に発展した。
昨年7月下旬に週刊ポストの報道で、小島が原氏の住む福岡を訪れ、2人で縁結びの神社を参拝し、原氏のマンションに連泊したことが発覚。
報道後にニッポン放送「みむこじラジオ!」で出演した際、「そうですね。
(原氏は)人格者で素敵ですね。
もう尊敬が」、「どれくらいしゃべっていいか分からないけど、三村さんには言いたいので…」と共にパーソナリティーを務める、さまぁ〜ずの三村マサカズに堂々と交際を認めた。
 一方、原氏も9月3日に自身のツイッターで、今年3月に14年間連れ添った前妻と離婚したことを報告。
「仕事を言い訳に、支えてくれていた元妻ときちんと向かい合うことをせず、家族を大切にできませんでした。
私の不誠実な行いのせいで、周りの人を傷つけてしまったことを、重く受け止め、深く反省しております。
本当に家族に対して不誠実だったことを後悔しております。
時は戻りませんが、これからは償いの気持ちを抱えて生きていきます」と綴った。
「原さんは家族を大事にするイメージで、小島もスキャンダルと無縁だった。
それが交際報道でガラリと変わってしまった。
2人の耳にも批判の声は入っているのでしょう。
ただ小島は妻子持ちの原さんを略奪したわけではないという思いがあるからこそ、今回も交際が順調であることを認めたのだと思います」(テレビ関係者)。
 確かにネット上ではこの交際について、「ちょうど見ていたけど、『その話題はやめてください』って言う訳でもなく、『ラブラブなんです』って感じだった。
元奥さんやお子さんが放送を見る可能性もあるのに…ちょっと怖いと感じるくらい、自分たちしか見えてないようだった」、「自分の父親が離婚したと思ったら、それから間もなくして彼女を名乗る女性がいきなり公共電波でのろけ始めたなんて、どんな気持ちになるんだろう?それを想像できない人って…。
原先生もこじるりも、そういう人なんですね」など批判的な見方が多い。
 世論は厳しい見方が多いが、業界内で小島の評価は高いままだという。
前出のテレビ関係者はこう話す。
「トークスキルが高く、共演者の良さもうまく引き出す。
共演者でなくスタッフや裏方さんにも丁寧に対応するので評判がいいです。
人気のお笑い芸人たちには特に気に入られていますね。
グラビア、スポーツキャスター、バラエティー番組の司会などマルチに何でもこなす。
これからも需要は高いと思います」。
 仕事が充実している小島は、プライベートでも18歳年上の原氏とゴールインするだろうか。
(https://news.goo.ne.jp/article/dot/entertainment/dot-2021040200082.htmlより引用)

関連記事