二階氏、不信任案提出なら「直ちに解散で立ち向かうべきだ」 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2103290019.htmlより引用)
 自民党の二階俊博幹事長は29日の記者会見で、立憲民主党などが今国会で内閣不信任決議案を提出した場合の対応について「幹事長としては、直ちに解散で立ち向かうべきだと進言したい」と語った。
「不信任案を出してくる限りは与党は解散に打って出る覚悟を持っている。
だから、いつでもどうぞ」と野党を牽制(けんせい)した。
 立民の安住淳国対委員長は28日のNHK番組で、内閣不信任決議案の提出について「長期自民党政権に、われわれの考え方を伝える重要な方法だ。
準備したい」と語っていた。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2103290019.htmlより引用)

関連記事