1都3県に緊急事態宣言、2月7日まで…夜8時以降は外出自粛・飲食店時短に1日6万円 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「支援」「協力」)

(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20210107-567-OYT1T50359.htmlより引用)
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、菅首相は7日、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に緊急事態宣言を発令した。
期間は8日から2月7日までの1か月間。
首相は記者会見で、不要不急の外出自粛などを国民に呼びかけた。
 首相は7日夕、首相官邸で開いた政府対策本部で宣言を発令した。
その後の記者会見で「(感染抑止に)効果のある対象に徹底的な対策を講じたい。
1か月後に必ず事態を改善させる」と強調した。
 宣言は、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づき、7日夜、官報に公示されて発効した。
宣言発令は昨年4月7日〜5月25日以来、2度目となる。
 宣言に伴って政府が改定した基本的対処方針に従い、1都3県は8日から飲食店やバー、カラオケ店などに午後8時までの営業時間短縮を要請する。
応じた店舗には、自治体が払う協力金を現在の1日最大4万円から6万円に引き上げる。
応じない場合は時短を指示し、店名などを公表する。
宅配や持ち帰りは時短要請の対象外とする。
 住民には、特に午後8時以降の不要不急の外出自粛を要請する。
首相は会見で「若者への感染がさらなる感染拡大につながっている」として、30代以下の若年層に慎重な行動を求めた。
 スポーツなどのイベントの人数制限は「上限5000人かつ収容人数の50%以下」とする。
テレワークの推進などで「出勤者数の7割削減」を目指す。
 大学入学共通テストや入試は予定通り実施する。
小中高校は一斉休校を要請しない。
 政府は、観光支援策「Go To トラベル」について、宣言期間中は全国一斉の一時停止を続ける。
 1都3県は、感染状況が最も深刻な「ステージ4」に当たる。
政府は「ステージ3」相当に下がるのを宣言解除の目安とする。
東京都については、1日当たりの新規感染者が500人を下回ることが目安となる。
 東京都の小池百合子知事は7日夜の記者会見で「状況は危機的で、極めて深刻だ。
1都3県で連携し、国や市町村と協力を図りながら、実効性のある対策を講じていきたい」と述べた。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20210107-567-OYT1T50359.htmlより引用)

関連記事