橋本五輪相 東京大会開催へ「大会成功へ関係者が一丸となって準備」 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「感謝」「不安」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210108057.htmlより引用)
 橋本聖子五輪相は8日、閣議後に会見を行った。
政府が7日に緊急事態宣言を再発令したことに対し「対策を講じながら、収束を目指し、連携強化を図りながら、東京大会へ向けて取り組みを強化したい」と語った。
 年末から全国的に新型コロナウイルスの感染者数が増大している現状については「東京大会を実際に開催できるんだろうかという不安な声が増していると受け止めております」としながらも「政府として、国民の皆さんと理解を求めながら、共有する形で、東京大会開催の意義、価値を見いだしていくことが重要だと思っております」と言及。
「夏からの大会成功へ、大会関係者が一丸となって準備に取り組んでいるところ」と語った。
 また、不安を抱えながらもトレーニングを継続するアスリートに対しては「敬意と感謝を申し上げたい」。
前回の発令時には閉鎖となったナショナルトレーニングセンター(NTC)は継続利用が可能の方針で「見守り、選手を励ましながら、東京大会を確実に成功させられるよう、アスリートのためにも頑張っていきたい」と語った。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210108057.htmlより引用)

関連記事