共産・志位氏「毛沢東を一番礼賛したのは公明」 人権議連めぐり皮肉 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 ()

 共産党の志位和夫委員長は1日の記者会見で、与野党の有志議員が中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区や香港などでの中国当局による弾圧を踏まえ、人権尊重推進などを目的として6日に発足する超党派議員連盟の発起人会に公明党が参加しなかったことを皮肉った。
 志位氏は、不参加の理由を「私は知らない」と断りつつ、「公明党で思い出すのは、文化大革命のときだ。
一番、毛沢東を礼賛したのは公明党だったというのを今、思い出した。
それとこれが関係あるかどうか知りませんけど」と付け加えるように語った。
 議連は自民党の中谷元・元防衛相と国民民主党の山尾志桜里衆院議員が共同代表を務め、6日に国会内で初会合を開く予定だ。
諸外国の状況を踏まえつつ、人権問題をめぐる日本の対応として、国会決議や人権侵害制裁法の制定などを検討する。
香港や新疆ウイグル自治区、ミャンマーの人権状況について関係者からヒアリングする予定だ。
 議連の発起人には自民、立憲民主、国民民主、共産、日本維新の会の各党に加え、無所属の議員が名を連ねている。
当初、発起人に加わる予定だった公明党の議員は、3月24日の発起人会の当日になって参加を取りやめた。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2104020001.htmlより引用)

関連記事