都立高で生徒ら45人感染、「不安広がる」として校名明かさず…共有の更衣室使用 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「不安」「発表」)

 東京都教育委員会は4日、区部の都立高校で、生徒41人と教職員4人の計45人が新型コロナウイルスに集団感染したと発表した。
この学校は4日に始業するはずだったが、8日まで臨時休校とすることを決めた。
 都立高で集団感染が確認されるのは初めて。
都教委は「生徒に不安が広がるのを避けるため」として、所在区や校名を明らかにしていない。
 発表によると、先月26日に運動部の生徒2人の感染が判明。
接触した部内外の生徒や顧問が検査を受けたところ、今月3日までに計45人の感染が確認された。
感染拡大の経緯は特定されていないが、感染者が出た運動部では、共有の更衣室を使ったり一緒に食事をしたりしていたといい、都教委は対策を検討する。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210105-567-OYT1T50125.htmlより引用)

関連記事