東山紀之 緊急事態宣言下での主演映画公開に「複雑…ステイホームもしないといけないし」 2021-01-10


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210110-0097.htmlより引用)
 俳優の東山紀之(54)が10日、メーンキャスターを務めるテレビ朝日「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)に出演。
10年ぶり主演映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら」の公開に「複雑」と本音をもらす場面があった。
 映画はある食事会に集まった男女7人がスマホの通知を公開し合うことで過去が暴かれていく会話劇。
夫東山にとっては映画「小川の辺」(11年)以来、10年ぶりの主演映画で、8日に公開された。
 映画の見どころについて「見えてくる人間模様」とアピールしつつも、「ちょっと今、僕、複雑で、心境としては。
たくさんの方に見てもらいたいなと思いつつ、今、非常事態宣言下なので…」と8日に発令された1都3県の緊急事態宣言下での映画公開となったことについて心境を吐露。
「ステイホームもしないといけないし」としながらも「ただ、こういう映画があるってことはちょっと存在は知っておいてもらいたい」と話した。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210110-0097.htmlより引用)

関連記事