【MLB】ダルビッシュ、4年ぶり開幕投手も勝利投手の権利へあと1死足らず 5回途中4失点降板 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 (「自責」)

(https://news.goo.ne.jp/article/fullcount/sports/fullcount-1067875.htmlより引用)
本拠地ダイヤモンドバックス戦で4回2/3で8安打4失点■パドレスーDバックス(日本時間2日・サンディエゴ) パドレスのダルビッシュ有投手は1日(日本時間2日)、4年ぶりの開幕投手を務めた。
本拠地のダイヤモンドバックス戦で先発し、5回途中で2被弾を含む8安打4失点。
今季初勝利の権利まで、あと1死届かなかった。
最速は98マイル(約157.7キロ)。
 初回は1死からマルテ、ウォーカーの連打で一、二塁のピンチを招いた。
ペラルタを97.4マイル(約156キロ)のフォーシームで見逃し三振に仕留めたが、カブレラに左前へ先制適時打を許した。
エスコバーはニゴロに抑えた。
 2回は2死から投手のバムガーナーに左中間フェンス直撃の二塁打を許したものの、ロハスを空振り三振。
カラティーニの中前2点打で逆転した3回は無死二塁、4回は1死二塁と得点圏に走者を置いたものの、後続を断ち切った。
 5点リードとした5回、1死からマルテに中越えソロを被弾。
カブレラにも右越え2ランを浴びた。
4回2/3で93球(ストライク64球)を投げ、8安打4失点。
6奪三振1四球だった。
 ダルビッシュが開幕投手を務めるのはレンジャーズ時代の2017年以来2度目。
また、ツインズの前田健太投手も敵地・ブルワーズ戦で初の開幕投手を務めて5回途中6安打2失点(自責1)。
ともに5回を投げきれずに今季初勝利はならなかったが、日本人2投手が開幕投手を務めるのは4年ぶり。
同日開幕投手は史上初だった。
(https://news.goo.ne.jp/article/fullcount/sports/fullcount-1067875.htmlより引用)

関連記事