五輪代表の阿部一二三が優勝 柔道GS、出口は決勝 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 (「決定」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/sports/kyodo_nor-2021040101002482.htmlより引用)
 柔道のグランドスラム・アンタルヤ大会は1日、トルコのアンタルヤで開幕して男女計5階級が行われ、東京五輪代表で男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)が決勝でアルベルト・ガイテロマルティン(スペイン)に優勢勝ちして優勝した。
 阿部は初戦の2回戦が指導3による反則勝ちで、その後は2試合で一本勝ちを重ねるなど5試合を勝ち抜いた。
実戦は昨年12月の五輪代表決定戦後初で、昨年2月以来の国際大会出場となった。
 長野県出身で、2019年世界選手権を制した女子57キロ級の出口クリスタ(カナダ)は初戦の2回戦から3試合を勝ち上がり、決勝に進んだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/sports/kyodo_nor-2021040101002482.htmlより引用)

関連記事