照ノ富士、伝達式の口上「謹んでお受けいたします」 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「ありがと」「ありがとう」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-bt-tp1-210331-202103310000156.htmlより引用)
日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開催し、春場所で3度目の優勝を飾った関脇照ノ富士(29=伊勢ケ浜)の大関昇進を全会一致で承認。
平幕以下に落ちて大関に返り咲くのは、77年初場所後に昇進した魁傑以来2人目。
十両以下に落ちて大関に復帰するのは史上初となった。
協会から送られた同じ伊勢ケ浜一門で使者の高島理事(元関脇高望山)と浅香山審判委員(元大関魁皇)を東京・江東区の伊勢ケ浜部屋で迎え、伝達式が行われた。
使者から満場一致で大関昇進が決まったことを伝えられた照ノ富士は「謹んでお受けいたします」とシンプルな口上を述べ「本日は誠にありがとうございました」と続けた。
前回昇進した15年夏場所後の伝達式の口上では「謹んでお受けいたします。
今後も心技体の充実に努め、さらに上を目指して精進いたします」と述べ、横綱昇進の意欲を示していた。
大関が2度の伝達式を経験するのは魁傑以来。
2度目の口上に注目が集まっていた。
陥落翌場所に10勝以上挙げれば復帰できる特例では伝達式は行われないが、臨時理事会を経て昇進が決まる場合は、使者を迎えて伝達式が行われる。
44年前に平幕以下に落ちて大関に返り咲いた魁傑も、再昇進時は2度目の伝達式に臨み、口上は「謹んでお受けします」と簡潔なものだった。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-bt-tp1-210331-202103310000156.htmlより引用)

関連記事