松島聡「ご無沙汰しております」 SexyZone、1年9カ月ぶり5人ステージにファン涙 2020-09-12


図 この記事のタイプ傾向 (「歓喜」「号泣」「泣き」「迎え入れ」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20200912-0257.htmlより引用)
 5人組男性アイドルグループ「Sexy Zone」が12日、日本テレビの音楽特番「THE MUSIC DAY 人はなぜ歌うのか?」(土曜後2・55)で1年9カ月ぶりに5人そろってのステージを披露した。
 2018年秋に「パニック障害」と診断され、同年11月から活動を休止していた松島聡(22)の復帰後初ステージ。
司会の櫻井翔(38)が「そうちゃん、おかえりなさい」と呼びかけると、松島は「ただいまです、ご無沙汰しております」とあいさつ。
「本当に5人でパフォーマンスできることはもちろんうれしいですし、何より4人が温かく迎え入れてくれたことが本当にうれしく思います」とよろこびを語った。
 メンバーの菊池風磨(25)は「学生時代の仲間に久々に会った感じに近くて。
すっと5人に溶け込んだ感というか、パフォーマンスもいい感じで披露できるのではないかと思います」と話し、中島健人(26)も「聞けば誰かの応援歌、歌えば自分の応援歌になる歌になっていますので、この時代のセクシーゾーンにぜひついてきてください」とコメント。
 1年9カ月ぶりとなった5人でのステージは、8月に発売された新曲「RUN」を披露。
松島はセンターで歌唱した。
このパフォーマンスにネット上では「これが真のSexyZone」「この時をずーっと待ってたよ!もう号泣」「松島さんカムバで歌詞が更に深み増した」「ファンじゃないけどなんだか泣きそう」と歓喜の声が相次いだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20200912-0257.htmlより引用)

関連記事