テレビで活躍の国際政治学者、中山俊宏・慶応大教授が死去…55歳 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「死去」)

(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/entertainment/20220509-567-OYT1T50116.htmlより引用)
 国際政治学者で慶応大教授の中山俊宏(なかやま・としひろ)さんが1日、くも膜下出血で死去した。
55歳だった。
葬儀は近親者で済ませた。
 東京都出身。
アメリカ政治・外交が専門。
青山学院大に入学後、永井陽之助さん(2008年死去)のゼミに入り、現実主義の立場に立った国際政治を学んだ。
 ワシントン・ポストの期限付き記者や、日本政府国連代表部の専門調査員、日本国際問題研究所研究員として働いた。
その後、青山学院大教授などを経て、慶応大教授に就いた。
 米国現地の状況を観察、分析し、日本が取るべき対米外交政策を提言した。
テレビ番組にも多く出演し、情報発信をしていた。
 著書に「アメリカン・イデオロギー」や「介入するアメリカ」がある。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/entertainment/20220509-567-OYT1T50116.htmlより引用)

関連記事