愛知、緊急事態宣言要請の方針固める 時期は9日からの3連休の状況で判断 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「厳しい」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210108k0000m040175000c.htmlより引用)
 愛知県の大村秀章知事は8日の記者会見で、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の同県への再発令を国に要請する方針を固め、国などと協議を始めると明らかにした。
要請時期は、9日からの3連休の感染状況を見ながら判断するとしている。
新型コロナウイルスの新規感染者が2日連続で400人を超えており、「状況は大変厳しい」と警戒感を示した。
 また大村知事は、県民に向け「医療を守るための緊急メッセージ」を発表した。
医療従事者の疲労が蓄積し、診療体制を組むことが徐々に困難になっているとして、一人一人の感染防止対策徹底を求めた。
 名古屋市内では確保した専用病床の使用率が9割近くに上り、医療従事者から「救急搬送に支障が生じ、すでに医療崩壊が始まっている」との指摘が上がっている。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210108k0000m040175000c.htmlより引用)

関連記事