緊急事態宣言「要請極めて近い」 松井大阪市長が見通し 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASP175172P17PTIL00X.htmlより引用)
 新型コロナウイルスの感染者が急増したことを受けて大阪市の松井一郎市長は7日、特別措置法に基づく緊急事態宣言について「要請する時期に極めて近づいている」と記者団に語った。
大阪市内の居酒屋などに求めている営業時間の短縮については府全域に広げるとの見通しを示した。
いずれも、同じ大阪維新の会の吉村洋文知事が最終判断する。
 府内の新規感染者は6日、これまででもっとも多い560人を確認。
兵庫県でも6日に最多となる248人を確認している。
近畿各地でも感染は改めて広がっており、松井氏は、政府に緊急事態宣言を要請する場合は「京阪神の3知事で行うことになるだろう」との見方を示した。
 また、現在11日まで大阪市内の飲食店などに要請している午後9時までの営業時間短縮については、対象を府域全体に広げた上で期間を延長する見通しを示し、「(吉村)知事が府域全体で判断するだろう」と話した。
 松井氏はこれまで、午後9時までと要請している営業終了時間を遅らせた上で期間を延長する考えを示していたが、「後ろ倒しはできない。
最低でも東京と横並びの8時閉店」と述べた。
時短の扱いについては大阪府が8日に対策本部会議を開いて決める。
 また、松井氏は1月10日と11日に予定されていた市内各区の成人式についても延期する考えを示した。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASP175172P17PTIL00X.htmlより引用)

関連記事