40代50代の婚活がなかなかうまくいかないワケ 「子どもが欲しい」という気持ちが邪魔をする 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「厳しい」「苦労」「孤独」)

(https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/life/toyokeizai-399237.htmlより引用)
2020年は、40代、50代の男女が、例年に比べてより多く入会面談にやってきた。
新型コロナウイルスが蔓延し、人と人との関わりを制限される生活となって、残された先の人生を考えてしまったのではないか。
そして、急激に孤独を感じたのだろう。
仲人として、婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けしていく連載。
今回は、「40代、50代の結婚と再婚」について、一緒に考えてみたい。
41歳のときに焦って結婚を決めた理由40代、50代の結婚と再婚は、当事者が子どもを授かりたいか否かでも、活動の仕方が大きく変わってくる。
40代前半の多くの女性が、「できることなら子どもを授かりたい」と願っている。
有名タレントの40歳を越えてからの出産ニュースも聞くようになった昨今であるし、不妊治療の助成金も43歳未満までなら出るので、「最後のチャンスに懸けたい」と思うのは、至極当然のことだろう。
一方で男性は、40代、50代、また60代になっても、“わが子をこの手に抱きたい”と思っている人たちは多い。
こちらもまた60歳を過ぎて父親になった有名タレントのニュースに触発されているのかもしれない。
出産を視野に入れている婚活者は、男女ともに1日も早い結婚を望んでいる。
そんな中で、女性は“なるべく歳の近い男性”を希望し、男性は“できることなら30代、上は41、2歳くらいまで”と希望しているので、互いに求め合うベクトルがすれ違ってしまい、婚活を非常に難しくさせている。
一方で、もう子どもはいらない。
残りの人生を一緒に歩いていくパートナーが欲しい、という婚活者は、ゆとりを持ってお相手選びをすることができる。
ただ時間制限がないぶん相手選びの目を厳しくしてしまうこともあるし、期限が決められていないと活動する気持ちも緩くなる。
40代、50代の婚活者は増えてはいるものの、成婚に結びつく確率は非常に厳しいのが現状だ。
現在、私のところで婚活中の香代(仮名、40代後半)も、お見合いはできるものの、なかなか結婚相手に巡り合えないでいた。
(https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/life/toyokeizai-399237.htmlより引用)

関連記事