将棋・叡王戦第2局で千日手成立…藤井聡太五冠の先手で指し直し 2022-05-15


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20220515-OHT1T51162.htmlより引用)
 将棋の藤井聡太叡王=竜王、王位、王将、棋聖=に、出口若武(わかむ)六段が挑む第7期叡王戦五番勝負第2局が15日、愛知県名古屋市の「名古屋東急ホテル」で指され、74手で千日手が成立した。
 対局は昼食休憩後から後手・藤井がやや優位で進めていたが、逆転へ飛車を生かしたい出口と、馬を取られないとする藤井が、矢継ぎ早に同一手順を4回繰り返し、午後4時36分に千日手に。
30分後の午後5時6分から、藤井が先手となり、指し直す。
(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20220515-OHT1T51162.htmlより引用)

関連記事