職員23人宴会を謝罪、田村氏「厚労省がやっているからいいだろ…と思われぬよう綱紀粛正する」 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20210330-567-OYT1T50113.htmlより引用)
 厚生労働省老健局の職員23人が東京・銀座の居酒屋で深夜まで送別会を開いていた問題で、田村厚労相は30日の閣議後記者会見で「非常に多い人数での宴会で、国民の信用を裏切る行為だ。
深くおわびします」と頭を下げて謝罪した。
 課長級の管理職も参加していたといい、31日までに調査し、処分する方針を明らかにした。
省内でほかに大人数の宴会がなかったかどうかも調べる。
 同省によると、送別会は今月24日、午後7時過ぎから始まり、全員が店を出たのは、午後11時50分頃だった。
政府の緊急事態宣言終了から3日後で、東京都は飲食店などに午後9時までの営業時間短縮を求めていた。
 政府は宣言解除後も歓送迎会や「5人以上が集まる会食」など感染リスクが高い行動を避けることを要請している。
田村氏は「国民があきれて、厚労省がやっているから(大人数の送別会を)やっていいだろと思われないように、綱紀粛正をする」と述べた。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20210330-567-OYT1T50113.htmlより引用)

関連記事