ビットコイン2日続落、昨年3月以来最大−ブームへの信頼揺らぐ 2021-01-11


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「懸念」「動揺」)

(https://news.goo.ne.jp/article/bloomberg/business/bloomberg-QMR8FHT1UM0Z01.htmlより引用)
(ブルームバーグ):仮想通貨ビットコインは10日から11日にかけて一時21%安の約3万2389ドルに急落。
世論を二分する仮想通貨ブームが息切れしかねないとの懸念が高まっている。
  ビットコインの2日間の下落率は、世界の市場が新型コロナウイルス感染拡大で動揺した昨年3月以来最大。
今月8日には4万2000ドルに迫り、最高値を更新していた。
ロンドン時間11日午前7時8分(日本時間同午後4時8分)時点では3万3200ドル前後。
  シンガポールの仮想通貨取引所ルノの事業開発責任者、ビジェイ・アヤー氏は「これがより大きな調整局面の始まりかどうかこれから判断されるだろうが、放物線のブレークを確認したため、そうなるかもしれない」と述べた。
  ビットコインの価格は過去1年間で4倍強となり、2017年の熱狂的上昇とその後の急落の記憶を呼び起こしている。
コンボイ・インベストメンツの共同創業者ハワード・ワン氏は、「ビットコインが再びバブル状態にあるのはほぼ確実で、今の伸び率は持続可能ではない」と10日付リポートで指摘した。
(https://news.goo.ne.jp/article/bloomberg/business/bloomberg-QMR8FHT1UM0Z01.htmlより引用)

関連記事