東海大相模がサヨナラV 10年ぶり3度目春の頂点 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/npb/f-bb-tp5-210401-202104010000182.htmlより引用)
<センバツ高校野球:東海大相模3−2明豊>◇1日◇決勝東海大相模(神奈川)が明豊(大分)をサヨナラで破り、10年ぶり3度目の春の頂点に立った。
夏は70年と15年に優勝しており春夏合わせ5度目の全国制覇。
また門馬敬治監督は甲子園通算30勝目を挙げ春3度目の優勝。
尾藤公(箕島)中村順司(PL学園)渡辺元智(横浜)西谷浩一(大阪桐蔭)と並び最多となった。
2−2で迎えた9回裏、1死満塁から小島大河捕手(3年)が、サヨナラ打を放った。
準々決勝、準決勝と連続完封のエース石田隼都投手(3年)はベンチスタート。
2−2同点の6回表2死一、二塁のピンチで救援登板した。
このピンチを切り抜けると7、8、9回も無失点。
今大会29回1/3を無失点に抑え優勝投手になった。
東海大相模は1回戦で東海大甲府(山梨)を3−1で破ると2回戦は鳥取城北に1−0で勝って8強入り。
準々決勝、決勝はエース石田が連続完封して決勝進出を果たすと決勝で明豊にサヨナラ勝ちした。
大分県勢54年ぶりのセンバツ制覇を目指した明豊は初優勝を逃した。
◆東海大相模 1963年(昭38)に創立された私立校。
野球部も同年創部。
部員55人。
甲子園出場は春が12度目、夏は11度。
春優勝は00年、11年に続く3度目。
夏は70年と15年に優勝しており今回が5度目の全国制覇。
主なOBは巨人原辰徳監督、同菅野智之投手、広島田中広輔内野手、DeNA田中俊太内野手ら。
所在地は神奈川県相模原市南区相南3の33の1。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/npb/f-bb-tp5-210401-202104010000182.htmlより引用)

関連記事