国の借金、1人1000万円=過去最大の1241兆円―21年度末 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」)

 財務省は10日、国債などの残高を合計した「国の借金」が2021年度末で1241兆3074億円と、過去最大を更新したと発表した。
21年11月1日時点の日本人の人口(1億2273万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は初めて1000万円を突破した。
 国の借金は国債、借入金、政府短期証券の合計。
新型コロナウイルス対策で巨額の財政出動を行ったことが影響し、6年連続で増加した。
前年度末から24兆8441億円膨らみ、国民1人当たりに換算した借金は約1011万円に上る。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-220510X164.htmlより引用)

関連記事