みずほ、日立と負担協議=システム障害、機器故障で 2021-04-05


図 この記事のタイプ傾向 ()

 みずほ銀行が、3月11〜12日に発生したシステム障害をめぐり、原因となった機器を開発した日立製作所との間で、顧客損失の負担の在り方について協議していることが5日、分かった。
障害で法人顧客などの外貨建て送金が遅れ、顧客に生じた損失をみずほ銀が負担している。
機器の故障などがトラブル増大の要因となったことも踏まえ、日立側にも一定の責任があるとみている。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-210405X582.htmlより引用)

関連記事