小型船通信設備、一斉検査へ 国交省、対策委あす初会合 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 (「事故」「発表」)

 国土交通省は10日、北海道・知床沖の観光船事故を受け、小型旅客船の通信設備を全国で一斉検査すると発表した。
携帯電話を陸上との通信手段としている場合、確実に連絡が取れるかどうかなどを調べる。
小型旅客船の安全対策を話し合う有識者委員会の初会合を11日に開くことも明らかにした。
 有識者委は海事法制や船舶工学の専門家、北海道の観光関係者らで構成。
事業者の安全管理や通信・救命具など船舶設備について、罰則を含め法的規制を強化。
国による監査や行政処分も厳格化する。
今夏に一定の対応を取りまとめ、海上運送法など関連法改正も検討する。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/nation/kyodo_nor-2022051001000424.htmlより引用)

関連記事