サラーが開幕戦でハットトリック! 昨季王者リバプール、“昇格組”リーズに苦戦も4-3で下す。ベンチ入りの南野拓実は出場なし 2020-09-13


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/footballchannel/sports/footballchannel-388506.htmlより引用)
【リバプール4-3リーズプレミアリーグ第1節】  プレミアリーグ第1節、リバプール対リーズ・ユナイテッドの試合が現地時間12日に行われた。
リバプールが4-3の勝利をおさめている。
 リーズは2019/20シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で優勝を果たしプレミアリーグ昇格を決めたクラブ。
そのリーズとの開幕戦で、リバプールはモハメド・サラーやサディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノなどを先発起用した。
リバプールに所属する南野拓実はベンチ入りを果たしている。
 4分、ペナルティーエリア内でサラーが放ったシュートがリーズのロビン・コッホの手に当たりPKを獲得。
サラーがPKを決めてリバプールに先制点が入った。
しかし12分、リーズのジャック・ハリソンにドリブルで突破されて同点ゴールを決められてしまう。
 それでも20分、コーナーキックからヴィルギル・ファン・ダイクがヘディングシュートを決めて再び勝ち越しに成功。
だが30分、ファン・ダイクがクリアしたボールをパトリック・バンフォードに拾われてゴールを決められ、またも同点に。
 直後の33分、サラーが強烈なシュートを叩き込んで再びリードを奪う。
66分には、カウンターからリーズのマテウシュ・クリッチにゴールを決められ再び追いつかれた。
88分、サラーがPKを決めてハットトリック達成。
リバプールが4-3の勝利をおさめている。
ベンチ入りした南野の出場はなかった。
(https://news.goo.ne.jp/article/footballchannel/sports/footballchannel-388506.htmlより引用)

関連記事