チェーン規制、福井県の大雪で適用されず 高速道や国道混乱、実効性に疑問 2021-01-14


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/fukui/nation/fukui-20210114090318301.htmlより引用)
 雪による車の立ち往生を防ぐため国土交通省が導入した車両のチェーン装着規制が、大雪特別警報発表時などの基準を満たさず、福井県内の北陸自動車道などで大規模な立ち往生が発生した今回の大雪で適用されなかった。
2018年2月に県内の国道8号で約1500台が動けなくなった記録的大雪を教訓に設けた規制だが、同じ区間で同様の交通障害が起こり、実効性に疑問符が付いた形だ。
 チェーン規制は18年12月に施行された。
適用されると、車種を問わずチェーン装着が義務づけられ、冬用タイヤでもチェーンを付けていない車の通行を制限できる。
福井県内では、国道8号のあわら市熊坂−笹岡間、北陸自動車道の丸岡インターチェンジ(IC)−加賀IC間、木之本IC−今庄IC間の3区間が対象になっている。
 適用条件の一つの大雪特別警報は、13年の運用開始後、全国で一度も発表されていない。
▽府県程度の広がりで50年に一度の積雪深になる▽その後も警報級の降雪が丸1日以上続くとされる―といった状況で発表される。
福井市に当てはめると、積雪165センチに達し、その後も平地で12時間に30センチの降雪が丸1日以上続く場合になる。
 国道8号を管理する国土交通省福井河川国道事務所の担当者は「(チェーン規制を)適用しなくても、除雪で通行可能と判断していた」とした上で「基準の見直しなどが今後必要になってくるだろう」と話した。
(https://news.goo.ne.jp/article/fukui/nation/fukui-20210114090318301.htmlより引用)

関連記事