FC東京・原大智 ポーランドL移籍へ 1部グールニク・ザブジェから正式オファー 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 (「憧れ」「誇る」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20210105-0051.htmlより引用)
 東京五輪世代のFC東京・FW原大智(21)がポーランド1部グールニク・ザブジェから正式オファーを受けていることが4日、分かった。
複数の関係者によると完全移籍で交渉が進んでおり、移籍金は推定50万ユーロ(約6300万円)という。
 グールニク・ザブジェはリーグ優勝14回を誇る古豪ながら昨季は9位に沈んでおり、攻撃陣のてこ入れとして将来性のある長身ストライカーにラブコールを送っているようだ。
FC東京は下部組織育ちで昨季J3得点王を獲得した“将来のエース候補”の慰留に全力で努めているが、一方で本人は海外志向が強く、欧州で活躍することを目標に研さんを積んできた。
 かねて憧れの存在と口にしてきたポーランド代表FWレバンドフスキ(Bミュンヘン)を生んだ国で、若武者が欧州初挑戦を果たす可能性が出てきた。
 ◆原 大智(はら・たいち)1999年(平11)5月5日生まれ、東京都出身の21歳。
下部組織で育ち、18年にトップチームに昇格。
J3のFC東京U―23で出場機会を増やし、長身ながらスピードあふれるプレーで頭角を現す。
19年は同リーグで30試合19得点で得点王。
今季は20年8月1日の鳥栖戦でJ1初ゴール。
1メートル91、84キロ。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20210105-0051.htmlより引用)

関連記事