大谷翔平、顔面付近の危ない速球に思わずのけぞる 現地は大きなブーイング、視聴者もヒヤヒヤ 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「厳しい」)

【MLB】エンゼルス5−4ナショナルズ(5月8日・日本時間9日/アナハイム) エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。
7回の第4打席は空振り三振に倒れた。
この打席で、インハイの速球が大谷の顔付近を通過し、エンゼル・スタジアムのファンから相手投手へ大ブーイングが起こる一幕があった。
【動画】大谷翔平の顔面近くを通過した速球 2−4とエンゼルス2点ビハインドで迎えた7回、1死一塁で大谷が4回目の打席に入った。
マウンド上には6回から登板した3番手フィネガン。
外角のボールと低めの変化球でカウント1−2と追い込まれてからの4球目、フィネガンが投げ込んだ96マイル(154.5キロ)のストレートは大谷の顔面付近へ。
大谷は思わず大きくのけぞり、倒れ込みそうな姿勢でそのまま後ずさった。
 厳しい内角攻めに球場の地元ファンから大ブーイングが起こる。
フィネガンは続く5球目もインハイへ投げ込み、大谷もこれを狙ってフルスイングしたが、97マイル(156キロ)の速球を捉えることができずに空振り三振。
結局フィネガンはこの回、トラウト、大谷、レンドンと3者連続三振を奪った。
 これで大谷はこの日3打数ノーヒットとなった大谷だったが、9回に回ってきた第5打席で9試合ぶりの長打となる同点タイムリーツーベースを放つと、続くレンドンのセンター前ヒットでサヨナラのホームイン。
エンゼルスが劇的な勝利を収めている。
(https://news.goo.ne.jp/article/abematimes/sports/abematimes-10022906.htmlより引用)

関連記事