ふるさと納税 返礼は「空き地の草刈り代行」です 岩手・陸前高田 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「懸念」「事故」「高齢化」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210108k0000m040035000c.htmlより引用)
 岩手県陸前高田市は、ふるさと納税の返礼品に、市内の空き地などで草刈りを代行するサービスを導入した。
 震災後、市中心部では大規模なかさ上げ工事を実施したが、別の場所で自宅を再建した地権者も多く、雑草の生えた空き地が広がっている。
交通事故の誘発や不法投棄も懸念されることから、市は地権者に適切な管理を求めてきたが、あまり進んでいない。
 草刈りは寄付額に応じて100平方メートル(3万5000円)〜700平方メートル(14万円)の範囲で行う。
市シルバー人材センターが作業を担い、希望者には作業後の写真を送る。
市は地権者への周知もすすめるという。
 市の担当者は「土地を管理したいが遠方に住んでいたり、高齢化で草刈りが難しかったりする地権者に積極的に利用してほしい」と呼び掛けている。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210108k0000m040035000c.htmlより引用)

関連記事