クレーン車のアームが壁に衝突、通行止めに 新橋駅前 2020-09-11


図 この記事のタイプ傾向 (「事故」)

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASN9C644PN9CUTIL01Y.htmlより引用)
 11日午後1時40分ごろ、東京都港区新橋3丁目のJR線の高架下で、クレーン車(7トン)のアームがコンクリート製の壁に衝突した。
けが人はいなかったが、クレーン車が高架下で立ち往生し、レッカー移動と警察の事故処理のため、現場が通行止めになった。
午後4時現在、解除されていない。
 警視庁愛宕署によると、現場はJR山手線、京浜東北線の線路の下で、一方通行の1車線道路。
クレーン車を運転していたのは40代の男性で、千葉県柏市の建築資材会社から港区新橋2丁目に資材を運び、引き返す途中だった。
署に「アーム部分を固定し忘れた」と話しているという。
 現場はJR新橋駅烏森口の近く。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASN9C644PN9CUTIL01Y.htmlより引用)

関連記事