東京と大阪は「感染急増」 まん延防止措置に方向性と首相 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「懸念」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/world/kyodo_nor-2021033001002662.htmlより引用)
 国内での新型コロナウイルスの新規感染者数が30日、2087人となり2千人を超えた。
共同通信の集計では、東京都と大阪府は「感染急増」を示すステージ3の水準を満たしており、流行の“第4波”への突入を懸念する声も出ている。
対策強化を目指す大阪はまん延防止等重点措置の適用を求める方針で、菅義偉首相は記者団に「専門家の皆さんと相談しながら方向性を出したい」と表明した。
2千人超えは27日以来。
 感染症対策に詳しい岡部信彦・川崎市健康安全研究所長は「全国的に急上昇している状況ではないが『このままだと第4波に突入することはあり得る』と警戒しなければいけない」と指摘した。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/world/kyodo_nor-2021033001002662.htmlより引用)

関連記事