時津風親方を謹慎 感染対策ガイドラインに違反 2020-09-11


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-bt-tp1-200911-202009110000651.htmlより引用)
日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は11日、時津風親方(元前頭時津海)が協会作成の新型コロナウイルス感染対策のガイドラインに基づく行動に違反したとして、秋場所(13日初日、東京・両国国技館)を休場、謹慎させることを明かした。
時津風部屋の師匠代行は枝川親方(元前頭蒼樹山)が務めるという。
違反行動の詳細については明かさなかったが、同広報部長は「要するに外出といっても協会が決めている。
場所が終わってからここまで知人との会食はいいですよとか、ゴルフ行ってもいいですよとか、映画いっていいですよとか決めごとがあったと思う。
そういった中で違反行為があった」と大枠を説明した。
協会は徹底した感染対策に取り組んできた。
芝田山広報部長は「外に出るなと言っているわけじゃない」と前置きしつつ「師匠である以上、自分の弟子を抱えている以上、しっかりとそのあたりの管理をしなきゃいけない立場の人が、安易な行動違反をしてしまうことでこういうことになる」と強調した。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-bt-tp1-200911-202009110000651.htmlより引用)

関連記事