アジア2次予選のミャンマー戦を5月28日に前倒し開催 6月には欧州国との強化試合も 【サッカー日本代表】 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/sports/chuspo-228947.htmlより引用)
 アジア・サッカー連盟(AFC)は1日、延期されていた2022年W杯カタール大会アジア2次予選の日本|ミャンマー戦を5月28日に開催すると発表した。
当初は5月31日〜6月15日のインターナショナルマッチウィークに開催する方針から一転、前倒しが決まった。
 5月26、27、29、30日にJ1リーグ戦が組まれており、日程の再編は必至の状況。
その一方で、ミャンマーの政変の影響で現段階では開催の可否は不透明だ。
日本サッカー協会の田嶋会長は「まだできるかどうか判断できない。
何とか試合ができるような状況になってくれればと思っている」と語った。
 9月から始まるW杯アジア最終予選を見据え、日本協会は6月3日(札幌ド)、同11日(ノエスタ)に欧州国などと強化試合を開催したい意向で、反町技術委員長は「目標に向かって一番良いプロセスを作っていくというのが現段階でのスタンス」と話した。
(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/sports/chuspo-228947.htmlより引用)

関連記事