米アプライド、旧日立系の買収断念 中国の承認得られず 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「緊張」「発表」)

[29日 ロイター]-米半導体装置メーカー、アプライド・マテリアルズは29日、旧日立製作所系のKOKUSAIELECTRICを22億ドルで米投資ファンドKKRから買収する計画を断念したと発表した。
中国の規制当局の承認が得られなかったという。
米中の通商関係を巡る緊張がさらに高まる中での発表となった。
アプライドは、データセンター、第5世代(5G)移動通信システム用携帯電話、人工知能(AI)搭載機器向けのメモリーチップ需要増を見越し、2019年に買収を発表していた。
買収断念を受け、アプライドはKKRに1億5400万ドルの契約解除料を支払うという。
(https://news.goo.ne.jp/article/reuters/business/reuters-20210330023.htmlより引用)

関連記事