「暴力は勝利しない」 ペンス米副大統領らが議会占拠を非難 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 ()

 米議会の上下両院合同会議で進行役を務めるペンス副大統領は6日、トランプ大統領の支持者による連邦議会議事堂の占拠で一時中断した会議の再開にあたり、「われわれはきょう議会を守ったのだ」と語った上で、「議会を混乱させた者たちは勝利しなかった。
暴力は決して勝利しない。
自由が勝利するのだ」と強調した。
 上院の共和党トップであるマコネル院内総務は議事堂を占拠したトランプ氏の支持者について「彼らはわれわれの民主主義を破壊しようとしたが、失敗した」と語り、「われわれは無法行為には屈しない。
憲法に定められた国民のための義務を放り出すことはない」として、大統領選の選挙結果確定の手続きを進める考えを示した。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/sankei-wor2101070033.htmlより引用)

関連記事