スペイン中部で大雪、マイナス25度を記録 過去20年で最低 2021-01-13


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「痛み」「発見」「協力」「通報」)

(https://news.goo.ne.jp/article/bbcworldnewsjapan/world/bbcworldnewsjapan-55642618.htmlより引用)
スペイン中部で記録的な大雪が観測され、各地に被害が出ている。
首都マドリードの東にあるモリナ・デ・アラゴンとテルエルでは、11日夜から翌朝にかけ気温がマイナス25度を記録し、少なくとも過去20年の最低を更新した。
当局は高齢者に屋内にとどまるよう呼びかけている。
この天候でこれまでに7人が亡くなっている。
うち直近の2人はバルセロナのホームレスの人だという。
大雪は氷に変わり、交通機関に影響が出ている。
スペインの冬の気候は通常、穏やかなため、大雪は珍しい。
「スペインのシベリア」マドリードから北東197キロの地点にあるモリナ・デ・アラゴンには「スペインのシベリア」というあだ名があるが、まさにその通りになった。
地元のヨリ・アセンシオさんはBBCの取材に対し、「まだ何日か寒い日が続くが、みんなで協力してやっていく」と話した。
「日常生活に影響が出ている。
雪が多すぎて他の家や道路に出られない。
転倒してしまった高齢者もいる」マドリードでは10日深夜の気温がマイナス16度まで低下。
翌11日には、すでに新型コロナウイルスでひっ迫している病院に、転倒で骨折した人などが押し寄せた。
現地紙エル・ムンドは医療関係者の話として、マドリード州では11日だけで、氷で滑ったことによる骨折が1200件報告されたと報じた。
また、マドリードの自治体には救急の通報が相次ぎ、当局は高齢者に家にとどまるよう呼びかけた。
慈善団体セーブ・ザ・チルドレンによると、マドリード州のラ・カニャーダ・レアル・ガリアナでは2000人近くの子どもとその家族が、氷点下の中、停電に見舞われている。
停電により、マドリードとバルセロナを結ぶ高速鉄道も一時運休に追い込まれた。
そのほか、多くの通勤電車に遅延が生じた。
週末にはマドリードの空港でも運休が相次いだが、現在は徐々に再開されているという。
現地紙エル・パイスによると、スペイン各地で1300台の除雪車が稼動し、24時間で計1万2100キロにおよぶ道路から雪や氷を除去している。
雪山で犬を救助こうした中、南西部ムルチアの山岳部では、昨年12月20日から行方不明になっていたアラスカ・マラミュート犬が登山グループに発見され、飼い主と再会した。
3歳のロロは大雪にもかかわらず目立った不調はなく、3週間の苦難を乗り越えた。
ただし、10キロ痩せて肉球に痛みがあるという。
スペインABCニュースによると、登山グループは飼い主に、「助けを呼ぶ鳴き声を聞き、助けないわけがなかった」と語った。
(https://news.goo.ne.jp/article/bbcworldnewsjapan/world/bbcworldnewsjapan-55642618.htmlより引用)

関連記事