コロナ対応、補正編成も=経済対策「積極的に」―二階自民幹事長 2021-04-04


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

 自民党の二階俊博幹事長は4日放送のBSテレ東の番組で、新型コロナウイルス感染が収束に向かう見通しの立っていない現状を踏まえ、経済対策などを盛り込んだ2021年度補正予算案を編成する可能性に言及した。
「足らざるところがあれば、補正予算も組んで常に積極的な対応をしていきたい」と述べた。
番組は2日に収録された。
 21年度予算は先月下旬に成立したばかりだが、自民党内では今秋までに行われる衆院選も視野に、積極的な財政出動を求める意見が出ている。
二階氏は「国民の命と暮らしを守ることは政治、政府・与党の責任だ。
その働きぶりで国民の評価が違ってくる」と強調した。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-210404X539.htmlより引用)

関連記事