倉科カナ『七つの大罪』でアニメ映画声優に初挑戦 女神族を総べる“最高神”役「気を引き締めて」 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「光栄」「最悪」「好き」「大好き」「呪い」「喜び」「発表」「決定」)

(https://news.goo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2188950.htmlより引用)
 女優の倉科カナが、7月2日に公開される『劇場版七つの大罪光に呪われし者たち』でアニメ映画の声優に初挑戦することが発表された。
 倉科が演じるのは、ヒロイン・エリザベスの母であり、女神族を総べる“最高神”。
メリオダスに“永遠の生”の呪いをかけた張本人であり、謎に包まれた存在だ。
 倉科は「七つの大罪はアニメも漫画も拝見していて、まさか自分がその世界に入ることができるなんて夢のようで、お話を頂いたとき年甲斐もなく飛び跳ねて喜びました!!」とオファーを受けた時の心境を語る。
アニメ映画の声優初挑戦について、「時間が経つにつれプレッシャーに襲われています。
錚々たる声優さんたちの中に入るのですから、世界観を崩さぬよう気を引き締めてアフレコに参加させていただきたいと思います!」と意気込みを語った。
 また、<十戒>の1人でありメリオダスの弟・ゼルドリスに仕える魔神たちの役で麒麟の川島明とNONSTYLEの井上裕介の出演も決定。
川島は「アフレコ収録の際はメリオダスやホークの顔を思い浮かべながら7つののど飴を食べて挑みたいと思います。
」と意気込みをアピール。
井上も「まさか!まさか!大好きなアニメの声をやらせていただけるなんて、光栄過ぎる。
」と喜びを語っている。
 『七つの大罪』は、いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった古の時代を舞台に、七人の大罪人により結成された、王国史上最凶最悪の騎士団<七つの大罪>が世界の危機に立ち向かっていく姿を描く、ヒロイックファンタジー。
今回の劇場版は、原作者・鈴木央が描き下ろし、TVアニメから続く“最終章のその先”を描いた完全新作オリジナルストーリー。
完結を迎えたはずの彼らの物語が、まだ誰も見たことのない壮大なスケールでスクリーンによみがえる。
(https://news.goo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2188950.htmlより引用)

関連記事